忍者ブログ
何故ダンジョンに潜るのかって?そこにダンジョンがあるからさ。
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蜂の巣も拍子抜け、オークの巣に戻っても歯が立たない。
仕方がないので外をウロつく御一行。
すると、Strange Manに出会い、声をかけられた。
Frederikという名前らしい。
frederik
「よう冒険者たち。俺のことを話していいかい」
なんだコイツ。
「俺はFrederikというんだ。仲間からは“黒い指”って呼ばれてる」
おい、勝手にしゃべりだしたぞ。
「何で呼び止めたかって?だって俺は助けてくれるヒーローを探していたからな。アンタたちのような」
確かにヒーローだけど。エッヘン。
「じゃ、助けてくれよな。ん~…どう言ったもんだか…。アンタらって一杯殺戮しまくってるだろ」
殺戮って…。まぁ否定は出来ないけど。
「よし、依頼は簡単だ。ハーフリングの村、Cadarの市長を殺してくれ」
えぇっ、穏やかじゃねぇな。まぁ、話は聞いてみようか。
「へへへっ、さすが歴戦の殺し屋たちだ!要するに、ヤツは俺の敵だからだ。2、3年前、俺はCadarの近くの立派な家に住んでたんだ。そこで幸せだったさ」
うん。
「だがヤツは俺の家に払えないほどのベラボーな税金を課しやがった」
話が読めてきた。
「それからヤツはマッチョな奴らと一緒に来て家から俺を追い出したんだ」
やっぱり。
「俺は復讐をしたい。ヤツは死ななきゃならんのだ」
なるへそ(古)。
「まぁ、俺はカネは持ってないがな」
サイナラ。
「でも4つの魔法の指輪を持ってる。それを報酬として出そう」
やりましょう。
「さすがだな。じゃあ俺はBuglurjiで待ってるからな、頼んだぜ」

あぁ!欲に目が眩んでまたクエストを安請け合いしてしまった!
まぁいい。
手持ち無沙汰だし、とにかくCadarに行ってみようっと。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Recent Comments
[10/14 雅王]
[09/30 15jam。]
[05/23 雅王]
[05/23 のすっこ]
[05/15 雅王]
[05/12 NONAME]
[02/20 灰]
[10/08 雅王]
[10/05 通行人]
[10/05 雅王]
Recent TrackBacks
(09/27)
(04/05)
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Search
Special Thanks
DENZI部屋
このブログのイカス画像を公開しているサイトです。
素晴らしいタイル素材が多数あります。
感謝!
Profile
HN:
雅王
性別:
男性
自己紹介:
いろんなダンジョンゲームをプレイしたり、プレイしなかったりします。
ローグライク、Wiz系が大好物。
基本的に、攻略はしません。
その世界の中での生活を淡々と綴っていきます。
ただ、無頓着に綴っていくので、ネタバレが多く含まれる可能性があります。
ご注意くださいませ。
Others

Dungeon Game
Ninja AD
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]