忍者ブログ
何故ダンジョンに潜るのかって?そこにダンジョンがあるからさ。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

bear
 Bearが手ごわい。
腕力馬鹿なんだけど、ワラワラ8頭9頭で出てきちゃタコ殴りしていきやがる。
ていうか、熊のクセに群れるな~っ!
あまりにも殴られ、全滅すらした。
全滅
う~ん、WIZpっぽいとは言え、こんなヌルめのゲームで全滅するとは思わなかったなぁ。
そうは言っても、ワシャヌルイゲーマーナンデスケドネ。
どうしようもないんで、スルーしてたCathnumと言う町を思い出し、向かうことにする。
酒場の情報もそっちが先だったし、順番的にCathnumの方が先なのかも知れん、とか思いつつ山道をエッチラオッチラ向かい、やっとのことで着いた。けども。
cathnum
ダンジョンないやんけ~っ!
誰かをMonkにしようかどうか迷ったが結局なにもせずにDeltaniaに戻った。
地道にダンジョン攻略していくしかないな~。
PR
 ようやっとのことでDeltaniaに着いた。遠かった。
deltania

ひととおり酒場で情報収集したあと、まずはダンジョンでしょうと潜る。
ここのダンジョンのカベはタイルっぽい。
変な看板を見つけた。
edel

地下都市ってなんぞ?
俄然地下5階に行きたくなった。
なんかPriestとMageもパワーアップできるっぽいし。
しかしまぁ敵がつえーの。
しばらくじっくり行きまっせ。
 言われたとおり、準備を整えてDeltaniaへ向けて出発。
なかなか着かない。ていうか見えない。
道中出てくる敵もなんか今までと違う~。

dark knight
ダークナイト!黒っ!

wyvern
ワイバーン!青っ!何故か毒っ!

そういえば、最初のダンジョンでゴブリンとコボルトが出てきたのにオークが出てこんな、とか思ってたんだけど、外にいたね、オーク。
もっと前に出会ったんだけど、画像だけ用意して忘れてた。

orc
オーク!紫っ!
しかしこれは、『クレヨンしんちゃん』の“ぶりぶりざえもん”みたいやな。
超人ポストマンを倒すとカギが手に入った。
Brigondのダンジョンの5階には、カギがかかってるドアがある。
ポストマンの近くに。あまりにも近くてなんか。
まぁ、そこを開けるとこのダンジョンのボスがいるわけだ。

bibibonとnobibib
BIBIBONとNOBIBIB。
びびぼんとのびびぶ。
BIBIBON派手だな!

やっつけると手紙が出てきた。
letter.PNG
次の目的地決定だな。
酒場でDeltaniaについての情報も聞いた。
曰く、「ここからDeltaniaまでのみちのりはとおく、モンスターもたくさんでる。いくなら、じゅうぶんじゅんびをととのえたほうがいい。」そうだ。
じゃあ、準備を整えて向かうとするしかないよね~。
このゲーム、言葉遣いもレトロっぽくて良い。
なんか、こんなんだったよね。

郵便受け
bibibonpost.PNG
ようなものっていうか。
郵便受けだな,Bibibonさんの。
びびぼん?
漁ってみると…。

ポストと戦う
これだよ。
今まで色んなRPGで遊んできたけど、ポストと戦うってなかなか無いよね。
ていうかなんか、キン肉マンの超人大募集で応募されたような姿だな。
 いつのまにか『Core Fantasy』の専用スレが立ってる。
まぁ、なんていうか、結構な言われよう。
フリーなんだからヤイヤイ言うのもどうかと思うけどねぇ。
まぁでも、言いたい人は言いたいこと言えばいいし、その中で侃々諤々するのは大いに結構だけどね。
俺にはオモロいゲームだからまぁいいや。
役に立つ情報は仕入れられるから、これからもチェックはしとこう。
しかし、このスレを見る限り、基本的な定番パーティで押し切るのはキビシそうだな~。
とりあえず攻略していくか、自分のやりたいようにやって苦労するか、悩む。
 地下4階を歩いていると、唐突なメッセージが。
入りますか?
何に!?みたいな。
とりあえずビクビクしながら「YES」。
すると、こんなメニューが。
泉
ああああ!泉ね!
酒場で噂の泉だった。
もっと丁寧なメッセージにして欲しいなぁ。
で、この泉、あくまでも体力回復。
マジックポイントとかも回復してるかと思って魔法バンバン使うと、痛い目見るよ。
痛い目見たよ。
Brigondのダンジョンは、あることに気付かないとだだっ広いマップを書くことになるぞ。
俺もはじめ気付かなかった。
しかし、紙と鉛筆でマッピングに明け暮れた時代をすごした俺にはピンとくるものがあったのだ。

「あれ?ここ前に通らなかったっけ?」
「全然端っこがないんですけど?」

とか思い始めたら答えはすぐそこにある。
まぁ、このゲームを好き好んで遊んでいるような人は全員ピンとくるだろうけどな。
俺はあんま好きくないなぁ、シンメトリーは。
 超レトロな地上マップを東に歩くと、程なくBrigondの町に到着。
まずは酒場で情報収集。

brigondで聞いた話
取り返せってか。
まぁ、こんな話やダンジョン内の泉の話やらを聞かされた。
そして、この町の訓練所ではSamuraiに転職可能だ。ひとりくらいサムライが居てもいいか、と見てみるとHacksが条件を満たしてたので転職した。

サムライ

この町の迷宮内部はこんなカンジ。

brigondダンジョン

カベは石かしらん?
 やたらとアリに出会う地下4階にて、鍵穴を見つけた。
「これこそが、地下2階でBIG SLIMEからふんだくった鍵を挿す鍵穴に違いない」と思ったので…。
挿しま~す!
すると何だか奥からなんか聞こえるとか言ってるし。
なんだ?
イヤですよう、何かがきますよう…。

女王アリ
ジャジャジャ~ん!
のわ~~~!女王アリとその取り巻き~~~!
気持ち悪ッ!
特に戦闘で苦しむことはなかったけども、キモチワルイ。
やっつけて、町に戻ったらご褒美もらったワーイ。
そしてこんなことを。

1隣町に行く
だから行ってこいと。
隣町??
よく見るとメニューの一番下に「しゅっぱつ」とかいうのが増えている。
当然選ぶでしょう!ポチッとな!

corefantasyフィールド
あっ!外だっ!
しかもこのグラフィック。
良すぎだろう。
自キャラが四角のカーソルだなんて『アークスロード』か『夢幻の心臓』か。
あまりのレトロっぷりに感激の涙を流しつつBrigondに向かう一行であった。
Recent Comments
[10/14 雅王]
[09/30 15jam。]
[05/23 雅王]
[05/23 のすっこ]
[05/15 雅王]
[05/12 NONAME]
[02/20 灰]
[10/08 雅王]
[10/05 通行人]
[10/05 雅王]
Recent TrackBacks
(09/27)
(04/05)
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Search
Special Thanks
DENZI部屋
このブログのイカス画像を公開しているサイトです。
素晴らしいタイル素材が多数あります。
感謝!
Profile
HN:
雅王
性別:
男性
自己紹介:
いろんなダンジョンゲームをプレイしたり、プレイしなかったりします。
ローグライク、Wiz系が大好物。
基本的に、攻略はしません。
その世界の中での生活を淡々と綴っていきます。
ただ、無頓着に綴っていくので、ネタバレが多く含まれる可能性があります。
ご注意くださいませ。
Others

Dungeon Game
Ninja AD
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]